ここから本文

Q&A

カテゴリ:虫歯について

むし歯の主な原因は、生活習慣。
同じ生活習慣で暮らす親子は、口の中も同じような影響を受けるため、親がむし歯になりやすければ、子どもも、同じようにむし歯リスクは高くなります。
兄弟の場合,下の子は、上の子と一緒におやつを食べることが多いので、上の子に比べて、甘いものを食べ始める年齢が早いもの。こうした食習慣が影響していることも考えられます。

乳歯がむし歯になりやすいということは、永久歯もむし歯になりやすい環境にあるということです。間食や歯みがき習慣を見直して、むし歯のできにくい環境をつくることも必要です。
 

カテゴリ:虫歯について

原因はミュータンス菌と、お口の環境です。

虫歯はミュータンスレンサ球菌という虫歯菌によってできる感染症の一つです。
ミュータンスレンサ球菌はお口の中の糖を分解し、酸を産生します。その酸が歯を溶かし、虫歯となるのです。

虫歯が発生するのは、「歯」と「歯垢」と「糖」がすべて揃ったとき。だから、虫歯を防ぐには、歯垢をきちんと除去したり、甘いものを控えたりして、この3つの要因を揃えないようにすることが大切です。

連絡先
アルプス通り歯科クリニック
〒400-0117
山梨県甲斐市西八幡1615-6
Tel 055-287-8008
診療受付時間
平日:
午前9時30分から午後1時
午後2時30分から午後7時
土曜:
午前9時30分から午後1時
午後2時30分から午後6時
※水曜、日曜、祝祭日 休診日
ページの先頭に戻る